脱・アンチエイジングでHAPPYに!

アンチエイジングは感性から。という記事を書きました。
肉体のアンチエイジングばっかり夢中になって、感性を若々しく保つことをしていない人が少ないと思ったからです。

そもそも、内側から若々しいエネルギーを取り込まないと、肉体なんて本来の意味で若返らないのに。
スピリチュアルな視点で見るとそういうことなので、この記事を書きました。

でもね。
もっと本質的なことを言わせてもらうと
「美容にはまってるから不幸になってんじゃね」
「SEXにはまってるから不幸になってんじゃね」
「アンチエイジングしてるから不幸になってんじゃね」
とも、思うのです。

美容にハマらなければ、男運UP!

makeup_woman

美に関わる女性は、男運が悪い。
美容部員やエステティシャンの離婚っぷりや仮面夫婦っぷりはハンパないっす。ほんとダンナと仲悪い。彼氏は大体浮気し放題。

これは昔からの鉄板です。
四柱推命でも「火の気が強すぎる」と説明されます。
美を追求する人って、ロクデナシの男を引き寄せやすいのです。

アンチエイジングに夢中になると、「もっともっと!もっと私はキレイになれる!!」とハイな状態になります。
エステのマッサージを受けたり新しい化粧品を買ったりすると、ほんのちょっとでも進歩して美しくなった気になってハイになります。
楽しいんです。だからハマっちゃう。

でもね。
そこで、普通の(まともな)男は食いつかない。

そもそも美容室いってバッサリ髪切ったって、気が付かねえのが「普通」の男です。
なんでチーク変えたくらいで気が付くのよ。
その日エステしてきたかしてきてないかなんて、確実に分んねっつの。

それがわかる男はむしろ危険です。
そういう男は「美こそ正義」なので、女が老けると容赦なく捨てます。

とある20代半ばのA君は松坂桃李似のイケメン。
高身長でスタイル抜群。
しかも「女子の努力をわかってくれる」珍しい男性です。

ちょっと前髪切っただけで気が付いてくれるタイプです。
美意識が高いんですね!
「美しくなろうって努力してる女性なら、年齢は関係ありませんよ」と、教科書のようにパーフェクトなお言葉。

ですが、それに続くのがこの発言。
「女性って子供産んだらメッチャ老けるじゃないですか。だから、俺子供欲しいって人は無理ですね」

正論です。
経産婦は、出産&育児コンボを経て確実に老けます。
いくらキレイにごまかそうとしたって、女が出産で老けるのは事実。

女性は妊娠・出産すると、ホルモンの関係でシミが出やすくなります。
いくら若かろうが目の下にどわーっとデッカイしみが出たりします。残酷です。

オッパイやお尻は無残なくらいタルミます。
授乳中の巨乳ボーナスが大きければ大きいほど、オバアチャンみたいなペッタンコ垂れ乳になります。
そして、そんな妻を「もう女として見られない」と感じる男性は、決して珍しい存在ではありません。

美容に夢中になって「キレイ」を心掛けていると「キレイな君が好きだよ」という男性が寄ってきます。まさに引き寄せの法則。
そして、そういう男性は年齢相応に老けただけで「キレイじゃない君はイラナイ」と、アッサリあなたを捨てて若い女に走ります。

一生懸命努力して、結局は報われない。
それが、アンチエイジングのワナです。

カラダじゃなくて、ココロでつながろ

男だってアンチエイジング!のワナ

アンチエイジングで不幸になるのは、女性だけではありません。
年齢不相応な若さを求めて自爆するのは、男性も同じです。

二〇〇七年に取材を始めた当時、Fさんは四十四歳で、大学病院の男性更年期外来でED治療を始めてしばらく経過した頃だった。「ED治療薬を飲んだだけで、ここまで性機能が回復するとは思ってもみませんでした、今おつきあいしている女性(二十六歳)とはそっちの相性もいいし、毎日うきうき気分なんですよ」。そう少年のような無邪気な笑顔で喜びを語る彼を前に、仰け反りそうになるのをこらえるのに必死だった。
(中略)
ところが、効果の持続時間が数時間から三十六時間の三種類のED治療薬を使い分けながら飲み続けていくうちに、二年ほど過ぎた頃から、ほてりや頭痛などの副作用に悩まされるようになる。それがきっかけで、FさんはED治療に少しずつ疑念を抱くようになった。服用を中止し、交際相手の女性にセックスの前に薬を飲んでいたことを打ち明けた。すると、彼女は見る見るうちに表情を曇らせてさげすむような目線を彼に送り、何にも告げずにその場を後にした。「薬を使って本来の自分とは異なる男に化けていたことが、情けなかった。互いに心ではなく、体だけの関係だったのだと痛感しました」とFさん。

男性漂流 男たちは何におびえているかより

前に紹介した「子供産んだら女は老けるからイヤ」というイケメンと、薬なしで勃起を保てない中年男を見限る26歳女性は、性別が違うだけでほぼ同じラインに乗っているのがおわかりいただけますでしょうか。
すなわち、どちらも肉欲でしか異性とつながれないタイプです。

アンチエイジングにはまりこむと、こういった情の無い相手を引き寄せることになります。
事実、古今東西そういう神話や寓話もわんさかあります。
いつの時代もどんな性別でも、分不相応な若さに酔いしれる代償は大きいのです。

肉体は、かりそめの宿のようなもの

yoga_woman

アンチエイジングに夢中な人を見ると
「わざわざ不幸ロードにつっこまなくてもいいのに…」と思います。

男性のED治療も薄毛治療も女性のシミ&シワ取りも、似たようなものです。
アンチエイジングで一時的に若々しさを手に入れたとしたって、それはしょせん砂上の楼閣でしかないのに…。
却って自分を苦しみに追い込んでいることに、なぜ気づけないのでしょう?

スピリチュアルな視点でいわせてもらうなら、肉体なんてかりそめの器でしかないのですよ。
何十年かしたら手放すこと前提の、魂の仮宿でしかないのです。

「ありのままの自分を受け入れてこそ、幸せは訪れる」なんて、スピリチュアル愛好者ならもう1000回くらい目にしてるフレーズですよね?

ありのままの自分を受け入れられない…
   ↓
キレイになったら自分を好きになれるかも
   ↓
アンチエイジング

こうなるとアンチエイジングに励むのは、「ありのままの自分を否定すること」にもつながりかねません。
それじゃ絶対に幸せになれるはずがないっ;0;
アンチエイジング、誠に恐ろしい罠ですね!ブルブル……。

大切なのは、今の自分を愛することです。
老いていく自分を受け入れることです。
そうすれば、愛なんていくらでもあるのです。

そもそも、あなたの内側が無限の愛につながっていることに気づきさえすれば、老いることすら「人生に穏やかさをもたらしてくれるかけがえのない体験」として感謝とともに訪れます。
それは、非常に心満たされる経験です。ぜひ、味わってください。

男性漂流 男たちは何におびえているか (講談社+α新書)
奥田 祥子
講談社
売り上げランキング: 11,086

姉妹記事もどうぞ

SEXにハマると、病んじゃうよ!

SEXにハマると、病んじゃうよ!
アンチエイジングにハマると不幸になるように、「SEXしなきゃ意味ねー!」と言っていても落とし穴にはまります。
年齢を重ねていったら、そんな愚かさは手放していきましょう。
肉欲を手放してこそ、真に満たされる心は訪れるのです。

2015年02月14日 | Posted in 恋愛・結婚:スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事