お金のことなら、何とかなるよ

woman_book

兵庫県 K様より頂いたメールをご紹介いたします。 一部個人情報など具体的な事柄は伏せております。

Nozomi様

明けましておめでとうございます。

9月にセッションをして頂いたKです。その節はありがとうございました。ブログ、いつも楽しく拝見いたしております。

セッションを受けた後の感想を送ろうかとも思ったのですが、セッションの際、選んで頂いた石がセレスタイトで、言われた言葉が「もっと自分を信頼しましょう」「モノすんごく歩みは遅いけれど、着実に進んでいるので特に問題なし」という事で、あまり指摘されるような事もなく、拍子抜けするほど何も言われませんでした。

ただ、セッションを受けてから、お金に関しての心配は以前に比べてずっと減りました。
両親の影響なのは間違いないのですが、物心ついてからずっと「大金を稼がねばならない」という訳の分からん焦りがあったのですが、セッションを受けた時に「あなたはお金を稼ぐ事を目的として生まれてきてない」と言われ、「相当な自由人」「自分の好きな事をやっていれば、大金を掴む事はないかも知れないけれど、お金に困る事もない」と言われて、ずっとまとわりついていた「お金を稼ぐ」というプレッシャーから解放されたのは大きかったです。
ストレスフリー、とまでは行かずとも、ストレスは劇的に軽減され、おかげさまで、以前は面白いぐらい心が動揺していた「お金の稼ぎ方を伝授して進ぜよう」系の煽りにも心が動く事が無くなりました。ありがとうございました。

実はセッションの時に、ホロスコープも作って頂いたのです。
それをもとに、もっとより理解を深めるべく、自分なりに色々調べてみたら、あっちもスクエア、こっちもスクエア、スクエアだらけでなんじゃこりゃ!?という、絶賛☆スクエア祭り!なホロスコープで、そりゃ、こんだけスクエアだらけなら、「あなた、相当自由な人よ、本来」という指摘も納得。

セッションのお陰で、目覚ましくも、華々しくもないように見える自分の人生ですが、地味であっても、誰からも理解されなくても、報われなくても(正確には報われないように見えても、なんだと思いますが)腐らずに、自分を生かしてくれている力に己を委ねて最期まで生き切ろう、そう思えるようになりました。

報われた人生になるのか、ならないのか。
それは最期まで分からない。
でも、はじめの一歩の名言、

「努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!」

と同じで、100%を保障されていないんだったら、真面目に人生を生きませんって意味が分からんよ。何の為にこの世に来たのかね?って話だよなあ、と。
参加する事に意義がある、とは言っても、一応代表選手として送り出されたのであれば、メダル争い加われなくともベストは尽くすべきで、単に「行ってきました」じゃ意味ねーだろ、国費の無駄遣いしてんじゃねーよ!ってオリンピック選手なら間違いなく怒られる。

てな訳で、気持的には「波乱万丈上等、かかってこいや―!」(でも、出来ればお手柔らかにお願いしたい←)です。

しかし、そうやって考えると上の人達の器は広いですね。
そりゃ、私みたいな輩が簡単に3次元を抜けさせて貰えない訳です。
納得出来るけれど、3次元早く抜けたいです・・・(爆)。

愛しすぎる女たち (中公文庫)

あ、あと、これはセッションの感想ではないのですが、お勧め書籍の「愛しすぎる女たち」を購入して読み、Nozomiさんのブログを読んで、「女は簡単に男に尽くしちゃいかんのだな」と反省中です。

例えとして良いかどうか分かりませんが、男の人をもてあそんでいい訳ではないけれど、荒れ放題の畑を手入れする事もなく、収穫の時期に「農作物の出来が良くない」ってお門違いな文句言う農夫みたいな男に優しくする必要は何処にもないな、と。

女に課せられたのは、与える相手・育てる相手を見極める力なのかも知れませんね。
育つ力の無い動植物まで大地は育てないのだし、駄目な男性に引導を渡してバッサリ切って捨てるのも女の務めなんじゃないかなと、本を読んでそんな事を思いました。

おかげさまで、実の娘であり、妹である私を無意識に、自分の母親・奥さん・彼女・お姉さんに当てはめようとする父と兄に対して、気持良くぞんざいな振舞いが出来るようになりつつあります☆
というか、君らは血縁の女子に何を求めているんだ…orz

愛情って、甲斐甲斐しく面倒を見る事ばかりではなくて、時と場合によっては、相手から恨まれ、憎まれても、相手に厳しく接する事だろうし、愛情表現としてはそっちの方が難しい。
Nozomiさんがおっしゃるように、「愛と感謝」「許しと癒し」だけの方がはるかに楽ですけど、それだけだと限界がある。通じない相手は「愛と感謝」ではとことん通じない。
【参考】スピ好きが「都合のいい女」になっちゃう訳

やっぱり、上の人たちの器はデカイですね。
多分、この手の愛の示し方は私に全然足りない部分です。
というか、自分の器はちっちゃ過ぎて話にならないですね!
怒りパワー、ネガティブな(に見える)愛情表現を上手に出来るようになりたいです。
まずは自分育て、インナーチャイルドさんを大事にしてあげる所からですね・・・。

ともあれ、今までの人生、意味のない事は多分させられていないと感じているし、これからもそうでしょう。
自分の心に素直に従う事さえ忘れなければ、やりたい事は全部出来る。
そんな気がしてます。

改めて、セッション「お金の心配はしなくても、やりたい事をやってれば何とかなります」って言われたの、本当に大きかったんだなと実感です(笑)。
本当にありがとうございました!
また、機会があればセッションよろしくお願いします。
そして、無駄にロングメールになってすいません。
あと、ブログ更新も楽しみにしています。
上の人に言われての作業で面倒かも知れませんが、頑張ってくださいw
長文失礼しました。

では、今年一年も宜しくお願い致します。

愛しすぎる女たち (中公文庫)
ロビン ノーウッド
中央公論新社
売り上げランキング: 13,206
2015年01月04日 | Posted in お客様の声(体験談) | タグ: , , , , Comments Closed 

関連記事