結婚なんて、誰にでもできますよ。

結婚というものの本質

wedding
私はその気があれば誰でも結婚はできると考えています。

40になろうと50になろうと、今時バツイチバツニで独身の人なんてたくさんいますから、いくらでも相手はいます。
60・70になったって、連れ合いに先立たれた人が再婚相手を求めるのも珍しくないです。 だから、誰だって本気でしたいならば結婚などできるのです。

「結婚できない」というのは、いつまでもステキな王子様を夢見ているからです。
妥協しないから結婚できないのです。

ハゲでデブで「親の介護をするための嫁がほしい」という年収200万でモテなくて口の臭いオッサン相手まで妥協できれば、誰だって結婚できます。

そもそも、結婚生活とは妥協と忍耐の積み重ね。
相手がどんなにステキな人だとしたって、他人と生活を組み立てていくというのはシビアで大変な作業です。

なので、相手を選ぶというスタート時点で妥協ができないなら、妥協と忍耐の連続である結婚生活を続けていくことは難しいでしょう。

あなたの周りには素敵なカップルがいて、呼吸するような自然さで「ありのままのお互いを受け入れている」ように見えているかもしれません。
「私もあんな結婚がしたい」と夢見ているかもしれません。
ですが、その裏には莫大なる努力と妥協と我慢があることは間違いない。
んなこといちいち人様に言うことじゃないから、何の苦労もなくピッタリ寄り添ってるように見えるだけですよ。ちゃんと大人になって現実を見てください。

結婚というシステムはあくまでも「家を守る」ために構築されているので、「個人の幸せ」のために最適化されているわけではありません。
「結婚で幸せラブラブ生活を手に入れよう♪」なんていうのは、「お玉をフライ返しとして使おうとする」くらい無理のある行為です。結婚はそういうモンじゃないんです。

思うがままに生きていきたい人には、そもそも結婚というシステム自体が向いていません。
他人(家)のために犠牲になる気持ちがない女性に、結婚は不適なシステムです。
だって、あなたの個性に合わせたシステムじゃないんだもん。

恋愛体質な女に結婚は向かない

モデルの押切もえちゃんは、「ずっと好きな人はいます。依存症ではないですけど、恋をしてないとダメな人なんですよ」「モデルとして良い表情でいるためにも、恋愛は楽しんでいます。結婚には結びついてないけど」と言っていたそうです。
【参考】恋愛&整形依存?押切もえ「恋をしてないとダメ」発言に漂う痛々しさ | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

もえちゃんは実に、結婚に向かない女の典型例ですね。
こういう人が結婚すると大体周りに迷惑がかかります。結婚は個人の問題ではなく、いろんな人を巻き込む社会的な行為ですから。
なので、もえちゃんにはぜひ恋愛道を突っ走って独身を貫かれることをオススメしたいです。(それだって一つの選択です)

「いつまでもトキメキが大事! 女ですから、いくつになっても恋してたいですねっ♪」という人は、明らかに結婚向きじゃないのです。
いい歳して娘気分でフラフラと恥ずかしげもなく、浅はかなトキメキなどを求めている軽薄な女性に、シッカリと家庭を守ることは難しいです。

セッションでとある女性が
「今の彼のことスッゴイ好きなんです! こんなにときめく人、初めてなんです! だから私、絶対彼と結婚したいんです!!」
と言った時、ガイドがなんていったと思います?

「あなたはトキメキが必要なのね」
「そうです! 私、ときめいてたらスッゴイ幸せなんです!
 いつも恋はしてたいですネッ♪だって女ですもの★」
「じゃあ、あなたに結婚はまだ早い。
 ときめきが大切なうちは、結婚はやめておきなさい。
 今のあなたが結婚したら、トキメキ不足で不倫か離婚しちゃうから」

そう。「ときめいていたい人」は、他人と家族の関係は作れない。

人と深い関係を築くコツより

結婚→1に妥協、2に我慢。

良妻力
「私はどうしても結婚したいの!」という方は、一にも二にも相手選びで妥協することです。
「こんな私をもらってくれる方ならば、ありがたいと思って嫁ぎます」という謙虚さを持つことです。

鈴木あけみさんの良妻力には、こんなアドバイスが並んでいます。

  • ご主人は家の中で一番に扱われたいのです。普段あまり家にいる時間が少ないからこそ、ご主人のお世話を優先させましょう。子供よりも大切にされている、と思わせることです。
  • ご主人にとってセックスは重要です。男性が結婚する目的には、安定してセックスできる相手を確保したいことがあります。
  • ご主人のご両親を自分の親以上に大切にする気持ちを持ってください。妻が実家にばかり行くと、自分の両親がないがしろにされているようで、夫は不愉快になります。
  • ほっておかれるとご主人だって浮気することがあります。単身赴任中だからこそ密に連絡を取り合い、溝を作らない努力をすべきです。
  • 喧嘩して実家に帰ることは離婚の意思表示とみなされます。離婚したくないのであれば、安易に家を出てはいけません。
  • 関係を修復するには、一歩引いて、謝り続けることが大切です。
  • 子供ができたからといって、お洒落心を忘れるようでは、管理者(主婦)として失格です。気をつけてくださいね。
  • ご主人が笑顔で暮らせるようにしましょう。度重なる失敗は家庭内でも許されません。
  • 結婚を簡単に考えるのは間違いです。結婚して相手の家族と同居するということはよくあることですから、結婚する前にそうしたこともじっくり考えなくてはなりません。
  • ご主人の趣味はありのままを受け入れましょう。
  • かわいいお子さんのこととはいえ、ご主人に従いましょう。
  • ご主人の立場と仕事への思いを考えましょう。相手を立てることで自分の立つ場所もできてきます。
  • 自分の態度を振り返りましょう。あなたはそんなに立派でしょうか?

「んなことやってられっかボケー!!」とイラつくようなら、あなたは間違いなく結婚に向きません。
そもそも結婚生活というのは、この本に書いてあるような忍耐と妥協の連続だからです。

現代的な思考をする女性にとっては「何で女ばっかり我慢しなきゃなんないの!?損ばっかりじゃない!」と思って当然の生活です。
だって、前時代的な家制度の下で組まれたシステムなんだもん。システム自体がそう作られているのだもの。

いいですか。
本気で結婚しようと思うなら、誰だって結婚できます。
「結婚したいけど、できないんです」という人は、妥協してないだけです。

結婚したいなら、妥協してください。
結婚の本質は妥協と忍耐です。
妥協すれば、誰でも結婚できます。

相手についてああだこうだ文句を言うから結婚できないのです。
そして「そこまでして結婚したいのかどうか」を真剣に考えてみてください。
あなたが考えているほどには、結婚はいいものではないからです。

良妻力

良妻力

posted with amazlet at 14.12.30
鈴木 あけみ 産経新聞出版 売り上げランキング: 219,052

姉妹記事もどうぞ

あなたが結婚しなくてはならない理由

あなたが結婚しなくてはならない理由(メルマガ読者限定記事)
結婚すりゃ人間として一人前になれるっていうなら、既婚者の犯罪率は確実に0%になります。子供を虐待する既婚者もいなくなるはずです。
結婚すれば人格が高まるというなら、嫁姑問題なんざそもそも勃発するはずがない。だって、双方が「結婚している一人前の人間」なのだから!

なのに、なぜ一部の年寄りは口うるさく「結婚しなければならぬ」と言ってくるのでしょう?

oldwoman

年寄りが「子どもだけは産みなさい」と言う理由
年配の女性ほど「子どもを産みなさい、子どもだけは産みなさい」といいます。
それは彼女らの生きていた時代には、理にかなっていたことでした。
しかしながら、賢明なるリンデンバウムのブログの読者様なら、わかることでしょう。
もう、そんな時代ではないと。

2014年12月30日 | Posted in 恋愛・結婚:スピリチュアルブログ | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事