セッションは、気付け薬

tree

岩手県 S様より頂いたメールをご紹介いたします。 一部個人情報など具体的な事柄は伏せております。

Nozomi様

先週スカイプでのセッションをしていただいたSと申します。
その節はお世話になりました。

セッション開始早々ものすごく怒鳴られて戸惑ってしまい、「よくこの人こんなに怒れるよなー」とか、「なんで初めて会った人にこんな言い方されなくちゃいけないんだ」とか、最初は正直ものすごく嫌な気持ちになり、スカイプ接続を切ってしまいたくなりました。

途中までは、そのような感じで割と半信半疑で受けていたのですが、「このまま行くとあんた自殺するよ」っていう言葉がいきなり突き刺さり、ぶわぁーっと泣けてきました。

今思えば、あのぐらい厳しい態度で接していただけなければ、私は自分のおかしな考え方に気づくこともできないくらい、感情が鈍っていたんですね。今は感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
おかげで踏ん切りがつきました。遠回りしましたが、なんとか軌道修正できそうな気がします。

アダルトチルドレンの本も何冊か読んでいたのですが、本の中の症例に比べれば、私の経験はそこまで過酷なものではなかったので、自分を当て嵌めるのは大げさなような気がして、真剣に読んでなかったんです。
でもセッションのあともう一度本を読み直して、今度はちゃんと自分と向き合いたいと思えるようになりました。

東京に戻ったら、アダルトチルドレンの自助グループを探して参加してみたいです。時間はかかりそうですが、今はいびつな自分の喜怒哀楽の感情を、健全な方向に持っていきたいと思っています。

今回のNozomi様とのセッションは、私にとっては気付け薬のようなものだったんだと思います。

またいつか、今回とは別の形で、Nozomi様のセッションを受けたいと思える日が来るといいなぁと思います。

リピータールームのご案内もありがとうございます。時々遊びに行かせてくださいね。
今回のご縁に感謝します。本当にありがとうございました。

子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方
クラウディア ブラック
アスク・ヒューマン・ケア
売り上げランキング: 6,716

関連記事