器の大きな人ほど、自らの弱さを受け入れている

はじまりは「異母兄弟の謎」

フジマキに聞け!―お金持ちになりたい?カッコよくなりたい?

今、私はフジマキに聞け!―お金持ちになりたい?カッコよくなりたい?を読んでいます。
藤巻健史氏の本は、投資をはじめた20代のころから読んでいました。
が、ガチガチの金融系ばかりで、こういったライトな物は手に取ったことがありませんでした。

それが今回なぜ手に取ろうと思ったのか。
先日亡くなったカリスマバイヤー・藤巻幸夫氏と健史氏は異母兄弟だと今更ながらに知ったからです。

この兄弟、めっちゃ仲いいんです。↑こうやって一緒に本出しちゃうくらいに。
でも、異母兄弟って、ギスギスしがちですよね。気まずいイメージがありますよね。

以前私は、他にも仲のいい異母兄弟を見たことがありまして。
二人でゲイバーやってて、一人はガチムチバリタチでもう一人は超美形のジャニーズ系(もちろんネコちゃん)。
で、「本当に兄弟なの?似てない!」というと「だあって、母親違うもーん。タネは一緒だけどぉー」とアッサリ返されちゃう。

それが私には異次元だったんです。
何でこの人ら、こんなに仲いいの。と。
父母が同じ兄弟だって、そこまで仲良くなかったりするのに。

そんなきっかけで手にとったのがこのフジマキに聞け!だったわけです。

そこで読んでみて、私がべっくらこいたのが
「なんだこの駄目オッサンっぷりは」

もう前書きから、兄・健史氏は自分の駄目エピソードを羅列しまくってるわけです。
学生時代の非モテっぷりを暴露したかと思ったら、自らのことを「ダメマキ」とまで称する有様。
そして弟・幸夫氏が自分より有名になったことを「弟にしゃべらせておけばいいからラク」と喜んでいる。

「駄目だこのオッサン…早く何とかしないと……」
とめまいがしそうになったと同時に、私はものすごく感動したんです。
藤巻健史氏の自信の深さと器のでかさに。

器がでかい人は、自己受容できている

A rose on hands

ホロスコープを擬人化で説明しちゃうぞ☆ハウス編でも書きましたが、私は木星がセレブご用達11室でお金(物質)大好き牡牛座のせいか、お金持ちの人との縁には事欠きません。
普通にしてたら、なぜか周りには金持ちがいます。そういう星の巡りなんですね。

金があるということは、社会的に地位があることも多く、権力があることも多いです。
そうして見えるのは、かんなりドッロドロのえげつない世界です。
【参考】エリートと結婚してはならない理由

権力闘争しているときの男ほど、えげつない生き物はないです。
本当におっかないです。かんべんしてもらいたい。
あの世界は軽く人間不信になります。

でも、そんな世界でも志を貫いたり、自らの理想を見失わない人もいるんです。
スピリチュアルにいうと、「愛を広げるための手段としてビジネスをしている」人もいるんです。

そんな存在は汚い世界の清涼剤ともいうべき存在ですね。
だけど、そういう人こそ割と藤巻氏みたいに
「駄目だこのオッサン…早く何とかしないと……」なんです。
肩書き知らないと「なんだこのオッサン、駄目駄目じゃん」ってかんじなんですよ。

ふっつーにバーとかで飲んでても、バーテンさんや常連客にイジられちゃってデヘデヘだらしなく笑ってたりするんですよ。私も調子に乗って「何言ってんっすかーコラー!」とか言っちゃうわけですよ。それでも、こんな初対面の30歳くらい年下の女にイジられても、ヘラヘラ笑ってんですよ。

で、後から「あの人○○グループの会長だよ」とか聞かされて「ひええええ!!」ってなるんですよ。
本当に恐ろしい。わけがわからん。
何であんなに腰が低くてオモロイ人なんだか理解ができない。マンガか!

藤巻氏もそうだけれど、スゴイ人ほど自分のダメっぷりを表に出しても平気なんです。
ヘラヘラして「オレってダメなんだー」って言えちゃう。
それって、本当に自分に自信がないとできないことなんです。

これって、スピリチュアル系でよく言うところの「自己受容ができてる」ってことなんですよ。

どんな人にも弱いところがあって、ダメなところがある。
そこを受け入れる器の大きさがあるからこそ、自分の弱さを指摘されても怒らない。
「うん、自分はそこダメなんだよね」ってサックリ言えちゃうんです。

少女漫画界の女王、一条ゆかり氏もこう言っています。

プライド 7 (集英社文庫 い 34-49)

自分の仕事が終わったら、仕上げだってもちろんやるし、たま~にはバックだって描くこともある。が、はっきり言ってバックはアシちゃんの方がよっぽど上手。
――一条さんちのお献立てより

私って人の助けを素直に借りられる性格しているの。
自分が解らないことだったら、小学生にだって「教えて下さい」ってきけちゃうの。
――おしゃべりな唇―一条ゆかりのおたのしみトークより

10歳年上の女性経営者に
「姉さん。本当にすごい人って、ぜんぜん威張らないんっすね。むしろ腰低くて自分の弱点平気でさらせちゃったりするんですね」
というと、
「アンタ、気づくの遅すぎ」
とダメ出しを頂きました……トホホ。

器の小さい人ほど、虚勢を張って自分を大きく見せようとするけど、器の大きな人ほど自分のダメっぷりを平気で人前でさらせる。笑い話にさえできちゃう。
面白いパラドックスです。

フジマキに聞け!―お金持ちになりたい?カッコよくなりたい?
藤巻 健史 藤巻 幸夫
朝日新聞社
売り上げランキング: 688,956
[改訂新版]藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 (光文社新書)
藤巻 健史
光文社 (2012-03-16)
売り上げランキング: 14,475
2014年10月21日 | Posted in ビジネス:スピリチュアルブログ | タグ: , , , , Comments Closed 

関連記事