男の言葉を、鵜呑みにするな。

世の中には男性の言葉を額面どおりに受け取って、自分を不幸に落としている女性が多すぎます。
特に女性が真剣に考える分野(恋愛や結婚や家庭生活等)について、男はアホです。ほっとんど何も考えていません。

男の言葉を真に受けていたら、バカを見ます。
というか、もうすでに見てきているでしょ?

いい加減、男の浅はかなる言葉に振り回されるのはやめましょう。
男の本音は、言葉ではなく行動で見てください。
「何を言ったか」ではなく「実際にそのことに対してどう動いたか」で判断してください。

男がいう「子供がほしい」の真意

talk

Aちゃんのダンナは「子供っていいよなー。子供ほしいよな」と口にするようになりました。
Aちゃん夫婦は結婚7年目で、セックスの回数はそんなに頻繁ではありません。本気で子供を望むなら、機会を狙って事に臨まねばなりません。

そこでAちゃんはダンナに言いました。
「今日排卵日だから。夜は早めに帰ってきてね」
「……え、どういう、意味?」
「どういう意味って、子供ほしいっていってたじゃない」
「お前、俺のこと種馬だとでも思ってんの?」
「は?」
「俺は計算づくでそんなことするなんて嫌だ」
「はぁー!?」

絶句です。
子供はコウノトリが運んでくるとでも思っているのか!
自分の妻が性行為なしで受胎する聖母マリアだとでも思ってんのか!

でも、男ってそうなんです。
男が口にする恋愛とか結婚とか家庭に関することって、基本「ファンタジー」なんです。

例えばこのAちゃんの夫。
彼はファミリーカーのCMのホカホカ家族風景や、友達の家族写真をみて「子供っていいなあ」と思ったそうです。
そう。彼が頭の中で描く風景は「ディズニーランドで子供と手をつないで笑顔の俺」とか「河川敷で息子とキャッチボールをする俺」です。

「立会い分娩で超グロ胎児&胎盤血しぶきショーを見て貧血を起こしたあげくインポになる俺」でもなく、「夜泣きがひどくて毎日寝不足で仕事中ミスを連発する使えない俺」でもなく、「子供の頭洗うの下手でシャンプーしみて泣かれてオロオロする情けない俺」でもないんです。

リアルじゃないんです。
ファンタジーなんです。
だから、「排卵日にセックスをする」という至極現実的な提案が受け入れられないのです。

不倫相手に、手料理……?

kitchen
BさんはW不倫中の彼氏に「昨日ギョウザ作った」とLINEしたら「お前のギョウザ食べたいな♪」と返信が来て胸がキューン!としたそうです。

彼女は意気揚々と言いました。
「早速彼に私のギョウザ食べてもらわなきゃって思って!!いつがいいかなっ!?」
「え……。どこで作んの」
「えっ……?う、うち……?」
「彼、家にあげんの? ダンナにばれたらまずいでしょうが」
「……じゃっ、じゃあ、そのっ、向こうんち……は、無理だ…」
「あのさぁ。そんなノリで返してきた言葉に本気になってどーすんの…。相手なんて何にも考えてないよ」
「……(涙目)」

男だって、真剣に考えたことには頭脳内のリソースを惜しげなく使います。事実ビジネス等の社会的な場面ではそうしています。
男だって、現実的で具体的な提案ができます。馬鹿じゃないんですから。

それをしてこない時点で、真剣ではないのです。

本当にお手製ギョウザが食べたいって思ってるんだったら「冷めててもいいから、今度会うとき持ってきて。ホテルで一緒に食べよ」等の実現可能な提案があるはずです。そこが「いいなー食べたい」レベルな時点で、ファンタジーなんです。リアルじゃないんです。

A夫婦のケースにしたって、本気で子供がほしいと思ってるなら「排卵日はいつ?その日は仕事切り上げてくるよ」とか「休みの前の日だったら、夜泣きしても俺が面倒見るよ」とか「最近の学資保険ってどんなのがあるの?」くらいのことは言えるでしょう。
このレベルで話を振ってきたなら、夫は真剣に子供を望んでいるし、子育てにも協力する意思があるでしょうね。

でも、テレビの中のハッピー家族を見て「子供っていいな!」といっているレベルでは、まず「子育ては妻側が全部かぶらなきゃならない」くらいの覚悟が必要です。

だって、彼がしようと思ってるのは毎日のオムツ替えではなく、河川敷でのキャッチボールですから。
キレイに飛んでんのよ。「キャッチボールできるようになるまでの間」が!!
何でそんなに頭の中がおめでたいファンタジーでできてるんだか理解できません。

そんな男のファンタジーに振り回されることほど、馬鹿馬鹿しいことはない!!
「男のロマン」なんてもんは総じてクソだぜ。007見りゃわかるでしょ。「何でそこでわざわざ(美女が)脱いで戦うんだよ!薄着で戦ったらあぶねえだろうが!」って話でしょうが。アッホらしー。

いいですか。世の中の大多数の男って、本当に何も考えてないですよ。少なくとも恋愛や結婚生活に関しては。
大抵「今がよければそれでよい」で、未来なんてほぼ考えてないですよ。だから長く付き合ってても結婚話が出てこないんですよ。

男の言葉を深く考えれば考えるほどバカをみます。
恋愛や結婚生活に関する男の発言は、5割引で受け取りましょう。
相手が誠実か不誠実かという問題ではありません。こっちが思ってるより考えてないということです。

「でもっ、私は彼のために何かしてあげたくって!」
といわれるなら、あなたはまずいラインを超えています。
「尽くしても愛されない地獄」から抜けるために愛しすぎる女たちを読んでください。

愛しすぎる女たち (中公文庫)
ロビン ノーウッド
中央公論新社
売り上げランキング: 15,632
2014年09月17日 | Posted in 恋愛・結婚:スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事