主婦が「無能」に見られる理由

私は、主婦の人が苦手です。
相手が主婦と聞いた時点で、身構えます。

「主婦なんて無能だろ」という人が世の中にはいます。無能だから主婦なんかになるんだ、と。
「社員の採用でまともな職歴がない主婦は、書類の時点で容赦なく落とす。そんなヤツは使えない」と言い切る経営者もいます。

主婦の立場からしてみると、「私の人間性も知らないで、理不尽な!」と思いたくもなるでしょう。

でも、ごめんなさい。私もその人たちの気持ちが理解できてしまいます。
なぜなら、主婦という人たちは、ものすごく立ち振る舞いが社会的に洗練されていない人の集団だからです。

えっ……今、このタイミングで、それ?

office_01

私は職業柄、さまざまな人と出会います。
たくさんの人と会っていると、一目でその人がどんな人かわかるようになってきます。(これは私に限ったことではなく、接客業を長くやっていれば自然と身につくスキルです)

その人にキャリアがあるかないかも、大体一目でわかります。
「うわぁ、この人、仕事できるだろうな」っていうのは、会って3秒くらいでわかるのです。
そして、その正反対のふるまいを面白いくらいにしてくるのが、残念ながら「主婦の人」なんです。

例えば、仕事ができる人、それなりの規模の組織で管理職をやっているような方は、ほぼ100%自分のコートを脱いでからインターホンを押します。
「相手のオフィスや家にお邪魔するときは、ドアの前でコートを脱いでから」というマナーは、社会的に信用を求められる職にいる人は「当然のこと」として身についています。
でも、専業主婦の人でインターホンを押す前にコートを脱いできた人は、今まで一人もお目にかかったことがありません。

仕事のできる人は、名刺やカードを差し出したとき、さっと両手で受け取ります。
逆に、主婦の人は片手で受け取ります。
これは、社会的に見ると相当失礼な振る舞いなのですが、主婦の人は平気な顔をして片手を出すので、驚いてしまいます。

仕事のできる人は、「こちらへおかけください」と勧めるまでソファには座りません。
でも主婦の人はかなりの高確率で何も言わないうちにドッカと座ります。こちらは言葉を失います。

仕事のできる人は、社会的なふるまいがわかっているので、敬語がきちんと使えます。
逆に、主婦の人はなれなれしくしてきます。「誰でもスグお友達♪」です。

ひどい場合、タメ口でデコメを送ってきます。あの……本当に……なんなんですか……。
PCからメールを見ると機種依存文字や絵文字が読めない場合があることも理解できないようです。絵文字多用のメールを送られても、こちらには内容がわかりません。そんなメールを送りつけるようでは、「メールの書き方も理解していない(=仕事ができない)」と取られてもやむをえないでしょう。

ビジネスメールは、なんだかんだいっていまだにPCで作成することが多いです。(内容のこみいっているメールは、結局キーボードがあったほうが打ちやすい)
ビジネスメール(=礼節を要求されるメール)において「HTMLメールはNG、テキスト形式が基本」だなんてわからないんですよね……。そもそもデコメがHTMLメールだって、わかってないんでしょうしね……。ガックリ。

私はセキュリティ向上のために、メールでHTMLは表示しないように設定してあります。そういう人もいるんです。
お友達以外に送るメールは、テキスト形式でシンプルに(もちろん絵文字なしで)送ってください。
こんなことまで言わなきゃならないのは情けないのですが。

「ジブンチ」感覚でサロンにいらっしゃるのもまた、主婦層です。
ジャージでお越しになった方には閉口しました。(サロンのあるところは、一応札幌の高級住宅街です。ジャージで歩いている人なんてまず見かけません)
ソファで軟体動物のようにデロンとずり下がって寝そべったり、立ち膝をして座るのも主婦の方です。
なんなんですか。最強なんですか。

悪気はないけど、損してる。

sad_woman
本当に「主婦っていったい何なの」ということに出くわすことが多くて、面食らいます。「主婦」って言われたとたん、身構えるのもわかっていただけますでしょうか。
人との距離感とか空気とか「社会的には当たり前のスタンダード」が、彼女たちには読めてないんですよね。

彼女たちには全く悪気はありません。
それはオーラを見ていればわかります。
でも、その表面的な立ちふるまいを見る限り「無能な人」という印象はぬぐえません。主婦を無能と差別する人がいるのも、よく理解できます。

じゃあ、本当に無能なのか?といったら、個人差はあれど、そんなことはない!
ただただ、「社会的なふるまい」をわかっていないだけなのです。
じゃなきゃ、主婦という集団だけこんなに突出して「立ち振る舞いが洗練されていない理由」が説明つきません。

心底恐ろしいと思うのは社会との接点がないと誰でも、これまでに「空気の読めないふるまい」を悪気なくしてしまうということです。
立ち振る舞いの洗練度が落ちてしまうのです。

だから、私はきちんと警告しなくてはなりません。
主婦になったら、自然と「無能に見えるふるまい」をしてしまう可能性があるのだよ、と。
悪気はなくても、本当は能力があっても、主婦になってしまった時点で、こんなにも落ちぶれてしまうのだよ、と。

ステキな女性ほど、主婦になってはもったいないです。
ぜひ、専業主婦にはならないように心がけてください!

2014年09月13日 | Posted in ビジネス:スピリチュアルブログ | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事