楽しみたいなら、プロにはなるな。

※この記事は大人向けです。10代の子は夢を見て挫折するのもいい経験になるので、読む必要はありません。

child-drawing

創作を楽しむのは本当に素晴らしいことです。
文章でも詩でも絵でも音楽でも服でも小物でも。
創作をすることは、自分の内なる声をすくいあげるきっかけになるからです。

最近そのことを私は、改めて実感しました。
いきなりスイッチが入って、ひっさびさに二次創作の小説を書いたのです。
書いている間に得られた気づきは、実に得がたいものでした。

何かをつくるって、たいへん意義のあることです。
上手いか下手か、評価してもらえるかどうかなんて、関係ない。
そうじゃなくてただ純粋に、自分の気づきになります。時にはスピリチュアルなメッセージやシンクロにすらなります。

それが趣味の範囲内であるならば。

そうです。
趣味でやるなら「楽しいが一番!下手だっていいじゃない!あなたのやりたいようにやればいいんだよ。ありのままのあなたを大切にしてね」と、いえます。

ですが、「好きを仕事にしたい!」となると、話は別です。

プロになりたいというならば、今までの主張は一転します。
「そんな甘い考えじゃまず無理だから。才能なんてあるのが当たり前、上手くて当たり前、そこからプラスアルファがなきゃ話にならん」
こんなレベルで、非常に厳しいことをいわねばなりません。

だから、厳しいことをいわれたくない人、創作に関して「ありのままのあなたでいいのよ」といってもらいたい人は、プロを目指さないでください。
趣味でやっている分には、ほんとうに「楽しい!」でよいのです。

しかし、それを仕事にしようとするなら、基準はまったく変わってしまいます。やさしいことはむしろ言ってあげられません。

「成功=ハッピー♪」のウソ

woman_glass

よく「好きを仕事にしよう!」とか「夢を夢で終わらせない!」とか、そんな類の広告を見ます。
「おうおう、金ヅル探してんねー」と思います。

考えてもみてください。
広告出して、その広告費を払ってまで利益が出る見込みがあるからこそ、広告を打つのです。

広告費って、高いですよ。ためしにGoogleAdsenseでもやってみてください。スンゲー勢いで金吸い取られてビビりますから。
しかもちょっとの金じゃ全然効果は出ない。50万、100万くらい使う覚悟が必要です。(しかもそれって、広告費としてはすんごい安い部類なんですヨ。企業の本格的な広告だったら、そこから一桁違う額になります)

バーン!ガーン!って派手に広告打ってる時点で、あなたは金ヅルにされているのです。

確かに「好きを仕事にできる人」も世の中にはいます。しかし、そんな人はほんの一握りです。

「好きを仕事にすること」は、当たり前ではないのです。
壁を乗り越えられる一部の人だけが、そうしています。
しかも壁を乗り越えたらハッピー♪じゃありません。壁を乗り越えたら、次の壁。その繰り返しです。

才能があるのは当たり前。
叩かれても叩かれてもへこたれないメンタルの強さは必須。
プラス、立ち回りもうまくなきゃ売れっ子にはなれない。ゴマすりを馬鹿にしてちゃダメ。

上記を満たしていないと、今の時代に(特にフリーランスで)クリエイティブな仕事で成功することは難しい。
すんげえハードル高いでしょ。
もう努力努力根性根性おべっかゴマスリですよ。

「いや、成功している人でそうじゃない人だっている!」と思われるかもしれませんが、そういう人はカッコつけなだけです。格好つけて苦労してるところを見せてないだけです。だまされてはなりません。

メンタル弱いなら成功しないほうがいい理由

park_tree_green

本当にその夢を追うことが、自分の幸せになるのかどうか考えてください。
ものすごく大きな成功を手にするなら、その反動、負の出来事も受け入れねばならないのです。

「好事魔多し」「勝って兜の緒を締めよ」とは、宇宙の法則に照らし合わせても正しい教訓です。
【参考】すべての事象は、バランスを取るために起こっている

だからエリートの家庭が崩壊してたり、成功したと思ったら大きな裏切りを受けたり、理不尽な中傷にさらされたりするのです。
【参考】エリートと結婚してはならない理由
【参考】あなたの幸せは、「内側」にある。
【参考】成功者の告白

もし、ここを見ているあなたが「自分はメンタル弱い」と思っているなら、社会的な成功を目指さないでください。
それはあなたの幸せではありません。
あなたのような人の幸せは、もっとシンプルなところにあります。
【参考】手仕事の幸せ~日常って、宝物

何かを純粋に楽しみたいなら、趣味として楽しみましょう。
それによって金銭を得ようと思い出すと、社会の論理にまきこまれてしまいます。
必ず、純粋に楽しめなくなるときが来ます。

楽しみたいなら、プロにならないほうがいいのです。

【参考】「才能あるけどやらないクリエイターたちを励ます仕事」を10年やってわかったこと – Togetterまとめ

2014年08月12日 | Posted in ビジネス:スピリチュアルブログ | タグ: , , , , , , Comments Closed 

関連記事