隣の芝は、実は青くない

flower_petals

芸能人や著名人、わかりやすいアイコンに憧れる人がいます。
雑誌の読モを見て「あんなふうになりたいわぁ」なんて思っている人がいます。

確かに自分の目指すべき方向を示してくれる人(仮想の物語や歴史上の人物含め)が、高次の導きによってもたらされることはあります。

でも、ちょっと待ってください。
それは、心から純粋に思ってのことですか?
どこかで「そういう人が世間的には正しい生き方をしているのだ」「ああなれば人から認めてもらえるのだ」と思っているだけではないのですか?

Just like you, I get lonely too.TLC Fanmail
きらきらライトに照らされている人たちが、どれだけの闇と孤独を抱えていることか。
思っているほど隣の芝は青くないのですよ。

例えば「お金持ちになれば幸せになれる」とか「医者と結婚すれば幸せになれる」とか、浅はかとしか言いようの無い考えの人がいます。
そういう人に警鐘を鳴らすために、あなたの幸せは、「内側」にある。を書きました。
キレイゴトではありません。現実です。

私たちは生まれる前に、今回の人生で学ぶべきテーマを決めます。
それに沿ってちゃんと生きている、命の意味をきちんと果たして学んできているにもかかわらず、「私の人生これじゃダメだ」と思っている人がいるのです。

なぜダメなのか?

リア充じゃないから。
お金持ちになってないから。
芸能人の○○みたいじゃないから。

冷静に文にして書いてみたら、「くっだらない!」と呆れ返ってしまうようなことですが、意外とそういうものにとらわれてしまっている人が多いのです。
メディアのいう、世間のいう、「○○歳ではこうあるべき」「男(女)はこうあるべき」「普通ならばこうすべき」にがんじがらめになってしまって苦しんでいる人の、なんと多いことか!

今の時代は超下り坂です。物質的に見れば。
だから、前時代の「結婚して子どもを作ってキャリアを積んでマイホーム買って家族でニコニコな老後」なんて展望で生きようとしたらドン詰まるのは当たり前です。

今の時代は、物質的な執着を手放して、精神性を高めるのにものすごく適しています。
だから、常識を捨ててください。
今まで「普通」で「こうあるべき」だったものなんて、もう意味はないのです。

自分の魂が、何を学ぼうとしているのか。
この命で何をなそうとしているのか。
くだらない色眼鏡を外して、じっと見つめてください。内なる囁きに耳を傾けてください。

外側の世界など、ただの反射に過ぎません。
全ての真実は、あなたの内側からやってくるのです。

関連記事