あなたの幸せは、「内側」にある。

「成功すれば幸せになれる」
「有名になれれば幸せになれる」
「お金持ちになれば幸せになれる」

そんな幻想を抱いている人がいます。

でも、それは明らかに間違いです。
幸せはあなたの内側にあるのであって、外側にあるわけではないからです。
黄金卿のユートピアは、誰かとの出会いでもたらされるのではなく既にあなたの心の中に存在する、これこそが真理です。

スピリチュアルに語るならばこれに尽きます。
しかしながら、そんなキレイゴトでは納得いかない方のために、非常に俗世的にえげつなく事例を挙げて実証してみましょう。

「医者と結婚する女」は幸せになれない現実

wedding
「お医者様と結婚すれば幸せになれるよねっ★」
とか夢見ているお嬢さんがたまにいらっしゃいます。
まあ、10代の女の子が少女漫画を読んだりガールズムービーを見て幻想を抱くならば、目くじら立てるほどのことではありません。世の中を知らぬ未熟さゆえですから、仕方のないことでありましょう。

しかしながら、40代、50代のオバサンまでが
「○○さんはお医者さんと結婚したんだから、幸せよねぇ」
と口にしてしまうのは、いかがなものか。

チョーットそれは、恥ずかしい。
その歳でそれじゃ、世間を知らなさ過ぎる。

私の中学時代のある友人は、女医になりました。
彼女は、医学部に入った時点でこう言いました。
「私、死んでも医者とは結婚しない!」と。

まー、もうね。医学生の時点で、ピーピーだそうですよ。
医者になったからそうなっちゃうんじゃなくって、もう医学生の時点で、そういう人が集まってるそうですわ。

「そういう人」の詳細を知りたい方は、ナースや技師等の医療に従事している女性に「やっぱりお医者様と結婚して玉の輿狙っちゃいたいよネ★」と聞いてみてください。
かなりの高確率で、顔がこわばりますから。

この人たちは、一番近くで医者というものを毎日見ているのです。裏も表も知り尽くしています。
その彼女たちが医者という人種についてどう思っているか、よーく聞いてみたらいいですよ。
ちなみに、私個人の経験では「医者と結婚したい!」と言ったナースを今まで一人も!見たことがないですけどね。
MR主催の医者合コンの評判の悪さったらないあたりでも察してください。

そんな「医者という人種」と、運悪く結婚してしまったおマダム方。
これもね、またもうね。一言では上手くいえないですね。

とりあえず知り合いのコンサルタントの言葉を借りると、
「医者の奥さんって、何であんな頭おかしい人しかいないの」

この疑問に対する回答は、「あんな人種の妻でいられるという時点で頭がヤバイ」と単純に言い切ってしまうこともできますが、吉田秋生の名作「ラヴァーズ・キス 」と「海街diary 2 真昼の月」で語られる医師一家がわかりやすい例えになるかもしれません。

鎌倉で藤井医院を営む藤井家は、お金持ちとして近所でも評判。大きなおうちと花に囲まれてよく手入れされた広い庭。
そんななかでセレブな生活を送る妻は、聡明でやさしい息子にも恵まれ、何一つ不自由しない幸福な生活をしているように見える。
しかし家庭をかえりみない夫、価値観の合わない姑に囲まれて、実は非常に孤独な思いをしている。植木屋の若い男に手を出して愛人にし、寂しさを紛らわす毎日。
それでも心のむなしさは埋まらず、唯一の理解者である息子に肉体関係を迫ってしまう。息子は自殺未遂ののち高校を中退し、小姑と共に小笠原に去ってしまう。

ま、ちょっと極端ですよね。フィクションですしね。
でも、ドロドロ度はリアルでも負けないと思いますよ。
医者の家って、ドロドロしてるから。

だから、「医者の奥さんはヘン」になっちゃうんです。
そこまで追い詰められちゃうの。
安易に医者と結婚しても幸せになれない理由、わかりましたか?

カネの匂いに包まれて病んでいく人々

money
ここまで医者を俎上にあげて書いてきましたが、医者に限らず弁護士だろうが社長だろうが議員だろうが、大体似たようなものです。
そういう人たちの周りに、どんだけメンヘラ多くてアル中ヤク中含めた依存症者が多いか、ちょーっと注意深く観察してみれば、見えてきますよ。

いいところの子弟が通う名門校なんてもぐりこんでみなさい。
もーぅ超すさんでるから。
親のすさみっぷりが、子供にわかりやすく伝染してるから。(子どもは大人を映す鏡ですよ)

「進学した中高は精神病の子だらけ。異常な状況でした。中学3年になるとクラスの女子の半分くらいがリストカットして、学校側はリストカットする生徒のリストを作っていたくらい」

超進学校は親の大きな期待を背負わされ、小学校時代は遊ぶことなく、ひたすら勉強をしてきた子供が多い。毒親育ちの子供が多く、クラスの半分以上が心身の状態が悪かったという。教師の目の届かないところでイジメも蔓延していた。

「私みたいな重篤な状態ではないですが、中学時代から同級生はほぼ精神病の子ばかり。(中略)恐ろしい環境にいたと思います。たぶん、みんな親からそれなりのモラハラだったり、DVだったりを受けていたんだと思う。だからストレス発散のためのイジメがすごくなる」

あいのりに出てたアウトローが書いた「アウトロー」と呼ばれて―イノセント・メモリーを読んでみてください。
金持ちの家ってどんだけ殺伐としているもんか、そしてそんな環境で育たなきゃならない子どもが、どんだけ心を削られるのかがリアルに描写されています。

別に彼だけが特別なわけじゃないですよ。
金持ちの家ってのはそういうモンです。
表向きはめっちゃキレイに見えるけどね。

とある飲食店のオーナーがね、
「夜の女の子で一番すさんでるのは、高級クラブのコ」って言うんですよ。
店のトイレのドア蹴ってベッコベコにするのは、たいてい高級クラブのお姉さんだって。

セレブなお金持ちを相手にするってことは、そんだけのストレスになるわけです。
仕事で一時的に接するお姉さんたちですらそんな状態ならば、一緒に暮らしている妻や子供がどんなことになるか、容易に想像がつくでしょう?

貧乏人は「宝くじが当たったら幸せになれる」とか思ってるけど、高額当選者で転落人生を歩む人がいかに多いかは、日本だろうが海外だろうがたっくさん事例がありますヨ。
でかいカネにはね、人を病ませるパワーもあるのよ。政界見てりゃわかるでしょ。

ここまで読んでくださってありがとうございました。長かったでしょ。
そんなあなたに質問です。

「成功すれば幸せになれる」
「有名になれれば幸せになれる」
「お金持ちになれば幸せになれる」

↑これが間違いだって、わかってもらえましたか?
あなたの幸せは内側にあるんですよ。外側には無いんですよ。

ラヴァーズ・キス (小学館文庫)
吉田 秋生
小学館
売り上げランキング: 6,549
「アウトロー」と呼ばれて―イノセント・メモリー
奥寺 マサル 五十嵐 恭雄
イーストプレス
売り上げランキング: 1,179,265

関連記事