宇宙の基本リズム

stars

続いていくものと、終わってしまうもの。
その違いはどこにあると思いますか?

実は、宇宙には継続と終息のリズムがあるのです。

続いていくもの

継続するものは、正弦波のような揺らぎがおこります。
上がっては下りて、引いては押して。

sinwave
(図)正弦(サイン)波

リバウンドしないダイエットのためには、一気に痩せてはならないというのが常識です。
痩せる時期と、体重が落ちにくい時期とを交互に過ごしていくことで、理想の体重を維持していけるのです。

破滅するもの

終息するもの、破滅するものは、二次曲線的な動きを見せます。

y=x2
(図)二次曲線

先ほどのダイエットの例をもちだすならば、一気に急激に痩せてしまうと、体を壊します。体どころではなく精神もやられて拒食症になってしまったりもします。

がん細胞は、増えるときは一気に増えます。
そして肉体を死に追いやります。

一気に急成長した企業が、向かうところ敵なしで行け行け押せ押せだったのに、次の年いきなり倒産してる、なんてのも珍しくないケースです。
一気に成長するから、一気に破滅するのです。

続けたい? 終わらせたい?

flow_1
もし、なにかをやり続けたかったり、継続的な関係を望む場合は、正弦波のパターンを頭に入れておいてください。
↓コレです。上がったら、下がるのです。
sinwave

たとえば、ずっと続いていける長期的なパートナーシップを求めるならば、気持ちが上がる時期と下がる時期が訪れることを受け入れておく必要があります。
これが「いつでもトキメいてたいのっ!いつでもラブラブじゃなきゃイヤッ!!」となると、二次曲線的なカーブを描いて距離は縮まり、近くなりすぎて関係は破滅します。
言い換えれば、長期的な関係には倦怠期も必要ということです。

今の仕事(事業)を長期的に続けていきたいなら、努力の引き際を見極めるのも大切です。
がんばってもダメなときは何をやってもダメなんです。
ダメなときは下降期であることを素直に受け入れることです。自分が悪いのではなくて、そういうバイオリズムなのです。

売り上げが落ちる時期がない事業は、つぶれてしまいます。
売り上げが二次曲線を描いて伸びていたら、むしろ注意すべきです。
調子に乗りすぎて過剰に成長させてしまうと、あっという間にポシャリますから。

ただ単なる趣味ですら、ずーっと続けていこうと思うなら波が出ます。
「常に四六時中熱中できて大好き!」なんて趣味を求めている人は、やってみてはやめ、やってみてはやめして、何も続けられません。エネルギーの使い方が、二次曲線的だからです。
ずーっと続いていける趣味、ライフワークがある人は、熱のあるときと無い時が交互に訪れます。それでこそ、長く続けていけるのです。

何か続けていきたいなら、正弦波のゆらぎを大切にしてください。
「上がること」ばかりを求めないでください。下がるのも大切です。
それが宇宙の基本リズムです。

2014年05月24日 | Posted in 読むヒーリング スピリチュアルブログ | タグ: , , Comments Closed 

関連記事