目的は「魂の最適化」

リンデンバウムのセッションの目的は、魂の最適化です。

「魂がより磨かれ、輝くためにはどうすべきか」
この観点からのみ、メッセージを降ろします。

ですから、社会的な善悪や評価は関係ありません。
道徳観念に反することでも「その人にとって必要な経験」であれば、是非そうすべき、それを極めるべきであると示します。

自分の魂が何を望んでいるか、素直に普段から感じられている人は、降りてくるメッセージに対して納得いくことが多いでしょう。
逆に、先入観や社会的価値を重要視して、自分の魂の波長とはズレてしまっている人は、メッセージに対して違和感を覚えるでしょう。

「そんな風に考えたこと無かった」というお客様の声も珍しくありません。

自分の本当の姿を見失っている人が、それだけ多いのです。
今の世の中は「普通に生きているだけ」で、自分の心の目が曇ってしまうシステムになっているということでしょう。

倫理に反しても、常識外れでも、慣例的には間違ってることでも、それが本当に魂の望むことなら受け入れよう。
そう思える方ならば、セッションのメッセージはきっとあなたの生きる力になります。

常識的な答え、社会的に見て正しい答えを欲する方は、リンデンバウムのセッションを受けるのではなく、道徳の教科書を読むことをお勧めいたします。

関連記事