悩むことで、あなたは成長する

tree
最近、落ち込んだり悩んだりしたら即
「鬱だ!精神科にいかなきゃ!」
と病院にかけこむ人がいるようです。

確かに、世の中には精神科や精神病院での入院治療を必要とする人もいるでしょう。
だけど、スピリチュアルな視点で言わせてもらうと、全ては「必要だから起こっていること」なんですよ?
【関連記事】試練は正しく起こっている

それを「気分が落ちたから鬱だ。薬を飲まなきゃダメだ」と安易に流れてしまうのはいかがなものでしょう?

精神科に行って、悩みが解決するのかよく考えてみてください。
大抵の精神科のお医者様は「夜眠れなくて」と言うと睡眠導入剤をくれ、「不安で仕方ない」というと抗不安剤をくれ、「やる気が起きない」というと抗うつ剤をくれます。
そう、症状に合わせて薬をくれます。

ですが、一度よく考えてください。薬を飲めば、あなたの問題は解決するのですか?

何らかの悩みがある場合は、必ずそこに原因があるはずです。
職場で上司と折り合いが悪く仕事に行く気になれないならば、上司との関係をどうにかしなきゃなりません。
睡眠薬を飲んで抗不安薬を飲んでも、日中ボーっとしてしまうばかりで、上司との関係は全く変わらないのではないですか?

しかも、そういう人間を(スピリチュアルに言うなら)「引き寄せてしまう」状態に自分があるなら、その上司のいない部署に行ったところで、転職したところで、また似たような人に捕まってしまうだけです。ループから逃れられません。
「2~3日睡眠薬を飲んで元気になったので上司と直接対決してやるっ!」となれるなら、薬を飲む意味もあるでしょう。
でも、あなたは薬を飲めば元気になるんですか?

精神病のチェックリストやガイドラインを見たら、誰だって精神病に該当します。
そこまで人間は完璧になんてなれません。
【関連記事】「完璧にできない」は、人生からのギフト

成果が出なきゃ落ち込むし、予想外のことが起こったらパニックになるし、厳しい追い込みの時には情緒不安定になって当たり前です。

それを病気だなんていうほうが、おかしいと思いませんか。
私たち人間は、何が起こっても沈着冷静に完璧な行動を取るロボットでなくてはならないのですか?

shine_light

パニックを起こすのだって、実は大切な資質です。
人間に必要だから備わった性質です。

3.11の大震災。津波の動画をリアルに見た人も多かったと思います。
そういった動画で、「まるで何も起こっていないかのように平然と海を眺めている人たち」を見たことがありませんか?
「うわああああ!津波だああああ!!!」とパニックになって逃げ出す人たちとは対照的に、物静かに海を眺めている人たち。
パニックを起こした人たちは助かって、パニックを起こせなかった人たちはそのまま津波に飲まれました。

「何が起こっても心が安定している」というのは、実に恐ろしいことなんです。
それは思考停止と同じことだから。
パニックだって、必要だからあるわけです。

憂鬱だって必要だからある。
人は悩むからこそ一皮むけるし、成長するんですよ。

全く悩みを抱えないで生きている人はこうなります。
「悩んでるやつなんて、バカじゃないのか?そんなの時間の無駄だ!」と。
落ち込んだり悩んだりしない人は、全く人の気持ちがわからない人間になってしまいます。

そういう気持ちをたくさん味わった人ほど、人の苦しみに寄り添えるようになるのです。
わざとらしくではなく、そっと。

セッションを受けて「悩みから解放されたい!」と思う気持ちもわかります。
でも、その悩みこそがあなたを成長させるならば、ガイドはこういうでしょう。
「うん、いいね。そのまま悩みなさい!」と。

人には悩んでウジウジすることが必要な時期だってあるのです。
そういった時期があるからこそ、花開けることもあるのですよ。
安易に悩みから逃げようとしないでください。それはあなたにとって必要だから起こっているのです。

2013年08月24日 | Posted in 人生:スピリチュアルブログ | タグ: , Comments Closed 

関連記事