もっと簡単に!「本当の自分」を深く知る方法

プレイしていて「楽しい!」って思うゲームがある。
それって、すっごいシアワセなことです(*´▽`*)

だって、魂が「そうだよ、こっちだよ。気づいて、あなたの人生に必要な要素はこれだよ」って教えてくれているのだから。
ゲームにハマれる人って、すごく素敵な人だと思う!
だって、それだけ自分の魂の輝きに正直だからこそ、ゲームに惹かれることができるのだもの。。。

ゲームって、偉大です☆
この世にゲームがあって本当によかった!
私はゲームのおかげで、人生における重要な気づきを得ています。感謝です!

あなたの適性や才能は? ジョブで知ろう!では、ゲームで選ぶジョブによって見えてくる自己分析の仕方を書きました。
ここでは、RPGはじめとするゲームのプレースタイルを見て自分の行動パターンやお金の使い方の癖などを分析する方法をご紹介します。
敵を知り己を知らば百戦危うからず。ゲームを通して楽しく♪自分を知ってくださいね。

エリクサー50個あって、どないすんねん

ff9
RPGでおなじみのアイテム「エリクサー」。
ファイナルファンタジー(FF)では、使えばHP・MP全回復のありがたいアイテムです。
大抵ボス戦の前のダンジョンで1個くらいはもらえます。

そのエリクサー。
私、大抵クリア後に50個くらいたまってるんです……。
あぁ、今「使えよ!」というツッコミが聞こえてきました。幻聴でしょうか。私も電波だからなァ。

何でそんなにためこむかというと、「もったいないから」です。
ボス戦で全滅しそうなときすら使わず、エリクサー使えば何とか倒せそう!ってときですら、使わないで全滅。
しかもその後エリクサー使って再挑戦すればいいものを、今度はレベル上げに走る。
もう一人で勝手に「エリクサー禁止プレイ」縛りをかけてるんですよ!勝手に!どんだけMなのよ!!

ここで要領のいい人は、ホイホイエリクサー使っちゃって、低いレベルでもクリアしていくんですよね。
でも、私はうまい人のレベル+3レベルくらいまで上げて、ようやくクリアしてました。

そう、私は本来「石橋を叩いて叩いて叩いて叩いて渡らないタイプ」なんです!!
超A型なんです!!

それが何の因果かフリーランスのヒーラーになんてなっちゃって、もー。
私がいかに「イヤイヤ導かれて」この仕事をやっているのか、お分かりいただけると思います。。。
上の人にお尻叩かれなかったら、この仕事で食ってこうなんて絶対しなかったよ。
【参考】私のトホホ起業裏話

ゲーム内の消費動向≒リアルの消費動向

ホークアイ×リース大好き
そんな性質は武器や防具を買うときにも出ます。

DQ3で、アリアハン大陸で買える勇者用の武器は主に3つ。
・棍棒 ( 30G)
・銅の剣(100G)
・鎖鎌 (320G)

初期装備は棍棒です。(もらった銅の剣は戦士に流すから)

ここで、二つの選択肢が出てくると思うのです。
1.100G貯めて勇者にも銅の剣を買う。
2.320G貯まるまで我慢して、戦士に鎖鎌を買って、戦士の銅の剣を勇者にお下がり。

みなさんはどちらにしますか?
1の方が多いのではないでしょうか。
だって、100Gならすぐ貯まるもん。スライムやおおがらす相手に320G貯めるのは大変だよ!

でも、私的はぶっちぎりで2しかありえないんです。
鎖鎌以外は目に入らないんです。
とにかくザコキャラと戦いまくって、レベル上げて金を貯めるのがすきなんです。ちまちまやるのが好きなんです。

これがロマリアに行ったら皮の鎧で粘りながら鉄の鎧が買えるまで貯めます。
鎖かたびらだァ!?そんなモンは僧侶にでもやっとけ!! 俺は鉄の鎧が着たいんだよ!!
「本当に欲しいもののためにお金を貯めて、妥協はしない。時間がかかってもいいからとにかくちまちま貯める」が私のジャスティスなんです。

もし私がときレスをやるとしたら、「これを作っておけば好感度が上がる」というメニューはぶっちぎりで無視してただひたすら高カロできたら満足してるタイプだと思います。そして、もちろんゲームの進行的にはよろしくない。
でもいいの、満足なのそれで。だってコルダでも男より音楽だったもん。ときレスでも男より経営に走るに決まってるでしょ(ダメな乙女ゲーマー)

ゲームでキャラにやらせる架空の経済活動って、驚くほどリアルにも反映されます。
例えば、私はドラクエでカジノにははまりません。リアルでもギャンブルまったく興味ないです。宝くじすら買わない。

そう、私はゲームでも「とにかく堅実に貯めたい」「使うなら一点豪華主義」なんです。
でも、クリアするまでにエリクサー50個貯まってるのは自分でもどうかと思います。
私は「貯めすぎない」が課題ですね。ちゃんと使うべきときには使うことです。

クリア後に50個のエリクサーがあっても意味がないように、5000万だろうが1億だろうが3億だろうが、貯金したとしても死んだ後じゃ使えないもんね。(しかも金を残して死ぬとロクなことないからな。子孫に美田を残すべからず!!)
私がゲームから学ぶ教訓は、ちゃんとエリクサーを使ってもっと楽に生きようということです。

プレースタイルに見える、性格の特徴

いとしーのーあなたーはーとおいーとこーろーへー
RPGだと、魔法やアビリティの覚えさせ方にもその人の性格が出ます。
例えば、私は「これ!!このアビリティがほしいの!!!」と思ったら、それ一直線です。

1.覚えるのが超大変だけど使えるアビリティ
2.覚えるのはそこそこ簡単でそこそこ使えるアビリティ
3・覚えるのはすぐできるけど、あまり使えないアビリティ
だったら、1番目一択です。
赤魔導士(FF5)の「連続魔」を覚えるために、嬉々としてザコキャラと延々と戦ってるタイプです。(そして気がついたらレベルがカンストしている)

あと、ストーリーとのかかわり方にも特徴が出ると思います。
私は、割とストーリーが読めません。
局所的に「このイベント好きー!」みたいなのはあるけど、大抵は「何で今これが起こってるの??」と思ってます。

そう、要するに私は人の話を聞かないのです。
学校でも先生の話聞かないで自分で教科書読んで問題といてました。だって授業の進み方ってできない子に合わせるから遅いんだもん。
街人に話しかけて情報収集するとか面倒くさいから、大抵「ねえこれ次どこ行けばいいの」と人に聞いて終わらせます。(そして「さっきこの人がこう言ってたでしょうが!」と怒られる)

FF6では「なんかよくわかんないけど世界が崩壊して魚取らなきゃおじいちゃんが死んじゃうから一生懸命魚を取ろうとしたけどやっぱダメでおじいちゃん死んじゃったけどロックのバンダナあれば私生きていける!」みたいなかんじでプレイしてました。
でも3回くらいクリアしたら、ちゃんと話がわかるようになったよ!!

そういう意味で、私はPRGよりはシミュレーション向けです。
シミュレーションだったら「何が起こってるか良くわかんないけど、とにかくこの敵を倒して陣地回復すればいいんでしょオッケー」で動けるから。

ここまで分析してみると、驚くほどに私は今の仕事に適正があることがわかるのです。
だって、今の仕事は基本わけのわからないことだらけだから。

上の人(ガイド)が考えてることなんて、ちっぽけな人間になんかもうぜーんぜんわかんないんです!
3年経って、5年経ってようやく「あの時だからこうしろって言ってたんだ!」とわかるようなレベルで物事を投げかけてくるので、人間の小さな脳みそで考えたところで無駄なんですよ。スケールが全く違う。

だから「わけ(ストーリー)わかんないけど、とにかくこれやっとけばいいんでしょ、ハイハイ」というスタイルの今の仕事は非常に私に合っています。
そして3年くらい経てば(3周クリアすれば)、ようやく全貌がわかるのです。
ゲームもリアルも、同じですね。

あなたのプレースタイルはどんな風ですか?
ぜひ分析して、自分を知る一助にしてください。

2013年08月20日 | Posted in オタク ヒーリング | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事