あなたのガイドを身近に感じる方法

私のガイドは超マイペース!

とあるお客様が、こんなことをおっしゃいました。

お客様「ガイドってその人その人で当然違うんですよね」
私「そうですね」
客「セッション受けてて思うんですけど、私のガイドってどーみても、ヘタリアのフェリクスみたいな人だと思うんです!」

feliks

客「いっつもいっつもいっつも、本当に聞きたいことは全く聞いてくれなくって答えてくれない!
 自分が言いたいこと言いたいだけ言って、私の聞きたいことは流すんだものー!!」
私「ご愁傷様です…」
客「私は恋がしたいのに!うっうっうっ」
私「いや、でもトーリス系なガイドよりはいいと思いますよ?」

toris
客「確かに…」
私「でしょう」

心配性のガイドって、ちょっとイヤですよね…-ω-;
精神的に自立している大人の人間なら、「心配される」って気持ち良くないことだからね。
【参考記事】心配しないで、もっと楽になろう

あなただけの「心のお守り」を手に入れよう

11
【画像】守護霊擬人化漫画「上の人」 より

守護霊擬人化漫画「上の人」 に描きましたが、私が自分のガイドをあんな感じで描いたのは乙女ゲーム「ラブレボ!」のキャラにウチの上の人が似ていたからです。CV杉田智和です。

セッションを受けていて、「似てるな~」と思うタイプのキャラがいたら、そのキャラのビジュアルをお借りしちゃって、脳内でガイドを擬人化してみてはいかがでしょう。
もちろんボイス付で。好きな声優さんをセレクトされるとかなり幸せな気分になれるでしょう。脳内麻薬でまくりますね。

名前をつけてもいいでしょう。
彼らは名前自体ないことがあるし、名前があったとしても別にそこまで「なんと呼ばれるか」に執着してない場合がほとんどなので、勝手に好きな名前で呼んでもいいです。詳しくは我輩はガイドである。名前はまだ無い。で。
もしその名がダメだったら「こう呼べ!」って何らかの形で指定が入るでしょう。そう言われない限りは私たちの好きにしてもいいのです。

大丈夫、あの人たちは基本心が広いですから、そんなことくらいで怒りません。
でもだからって「うんこ」とか、RPGではじかれるような名前はやめてくださいね。
敬意と愛情を持って、名前をつけてあげてください。

性別はどちらでもアリです。次元が高いガイドは性別がない場合もあります。
男でも女でも、中性でも両性でもいいのです。
第一そんなのは「肉体」の問題ですからね。そんなのにこだわるのは肉体がある私たちくらいで、あっちは結構どうでもいいのです。こっちの好きにしましょう。

絵心のある方は、イラストにしてみることもお勧めします。
具体的に視覚化することで、思い浮かべるときに明瞭さが加わります。
実は、これはとても意味のあることです。

「何そんな遊び、くだらない」と思われるかもしれませんね。
確かにこれは「お遊び」です。
そこまで深刻になってやるものではないです。

だけど、このお遊びは意外と良いものです。
なぜかというと、お金も労力もほとんどかからずに、「心のお守り」を手に入れられるから。

お客様に「もっとガイドが私を守ってくれてるって実感がほしい」と言われることが良くあります。
そのときに、この「何てことないお遊び」が役に立つのです。

何か辛いことがあったとき、迷ったとき、孤独を感じたとき、自分の心の中で「私のガイド」を思い浮かべると、驚くくらいエネルギーが回復します。
ぼんやりとしたイメージだと、ダメなんです。
できうる限りハッキリ、「こういった外見でこういった声でこういう性格」って輪郭がないと、なんかぼんやりしていて「つながった」って感じがしないんです。

だから、まずは自分の好きなキャラや「この人がガイドと似てる」と思うキャラを拝借しましょう。それが手っ取り早いです。
そのあと「ここはこうだ」とか「あそこはちがう」とか色々変えていけばいいのです。
変えていいんですよ。本当にこれはお遊びであって、あなたの好きにしていいのです。頭の中だけで思い浮かべる分には、何考えたって自由なんですから。

ちなみにガイドって、たいてい誰でも複数の存在がいます。
お好みならば複数のキャラを思い浮かべてもよろしいでしょう。

死神で良かったね

とあるお客様が、こんなことをおっしゃいました。
お客様「私のガイドって、デュオ(ガンダムW)みたいなタイプだと思うんです」
gw2

お客様「確かに、結果を見ればガイドの言う通りなんですよ。大丈夫なんです。なんとかなっちゃって、結果オーライなんです。心配していたようなことは起こらない。
 だけど、私はいつもすんごい頑張ってヒーヒーいって、何とかこなして、いっぱいいっぱいになって、ようやく乗り越えてるだけで、そんな余裕があるわけじゃないんですよ!
 大丈夫っていうのは頭ではわかるけど、もっと私の不安な気持ちをくんでくれてもいいのに~(涙)」
私「まあ、それが人情ですよね」
客「いつもセッションでは、あんな感じでかるーく『何とかなるって!』なんですよ~。他にもっと何か言ってよ!みたいな」
私「なるほどね~」

ここで思ったんです。
私(じゃあ、他のキャラだったらどんな感じだろう?)と。

<ヒイロ・ユイがガイドだったら>
ヒイロ・ユイがガイドだったら

<トロワ・バートンがガイドだったら>
トロワ・バートンがガイドだったら

<カトル・ラバーバ・ウィナーがガイドだったら>
カトル・ラバーバ・ウィナーがガイドだったら

ごひ張五飛がガイドだったら>
張五飛がガイドだったら

私「デュオでよかったですね…」
お客様「え?」
私「他の4人だとカオスですよ…」
客「……そうか、そういう考えもあったか。じゃあ、私、恵まれてるのかも」
私「うん、とりあえず良かったと思いますよ…」

ちなみに私はガンダムWではカトル萌えです。3×4本や2×4本も作ってたくらいですが、カトル様みたいなガイドは少々ご遠慮したい……。
電波過ぎて話が通じないガイド。……無理だわ。でも、ある意味一番波動は高いでしょうね。宇宙の心ですからね!

2013年05月20日 | Posted in オタク ヒーリング | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事